過去の記事 
で何度か触れましたが、20年目の風俗生活で使ったお金は、○○○○万円 その原資は、仕事や投資などで儲けてきたお金です。

さらに、プライベートで一般の女性に直接的あるいは、間接的(※1)に使ったお金もで相当な金額です。


※1 口説く為の努力に使った全ての金額。協力してくれる友達に渡したバイト代まで(一例はこちら参照



以前の記事(プライベート と 風 俗のコストパフォーマンス分析)で、

一般女性に使った金額 ÷ エッチした数

= エッチの防御率(※2)


※2 勝手に考えた造語です。


のパフォーマンス分析は、「風 俗」の方が良いと記事にしました。



もしも一人の女性のみで愛し続け、エッチもその女性のみで満足するような男であったら、幾ら預貯金に溜まっていたかですが、


単純に○○○○万円だけでなく、○○○○万円をさらに投資の原資として使えており、

また、費やした時間を勉強や投資に振り向ける事が可能だった訳であり、

○○億円単位の預貯金が出来ていたのではと。。都合良く想像してます。

(まあ、そんな上手くいくはずは無いですが。)



では、果たして、この20年間で一人の女性のみとエッチをするだけで、頑張れてきたのだろうか?

「若い女の子とエッチするんだ!!」が、生きるの原動力になってきたのは間違い無いです。

(これは以前も、「 ドラフト嬢探しと、若さの相関性の考察 」で記事にしました。)

この原動力で身体を鍛えます。(どうにかお腹が出ないように保ててるだけですが。。)

身体を鍛える

もし、女性が好きで無かったら、太りたいだけ太り、一切身なりにも気を使わなかったんじゃ無いだろうか。


女性が好きな事をプラスに考えていこうと思います。


預貯金よりも大事なものがあるんじゃないだろうか。


若い女性とエッチ

お金で買えない価値がある


20年間で沢山の女性とエッチした経験


プライスレス
 

Priceless-NY_Logo-1024x340

トイストーリー ウッディ_パンティ逃げ_640x423