総括の続きです。

前回までの記事:
 





上記の記事の中で触れた会員限定掲示板についてですが、

問い合わせの中で誤解されていた読者の方が複数人いましたので説明しておきますが、

有料だと思っていた方がいましたが、無料です

逆に言うと、お金出しても会員にはなれません。

会員の条件は、お互いの「 信頼 」です。


あと、ポリシーとして読者の方から徴収するような事は今後もする事は無いです。

どうしても入り用ならば、クリック制の広告でも受けて、1クリックだけして下さいとお願いします。





さて、本題へ


今後継続して行く上で、軸がブレそうになった時の為にルールを作って遵守していくつもりですが、

その根底にある考え方を明確にしておこうと思います




ビジネスで折衝を行う方の多くは、1度はビジネス交渉の研修で出てくる法則「Win-Win」(ウィンウィン)(※)

※双方にとって得になる事。


交渉の基本中の基本です。



仕事だけでなく、このサイトでも考えていきます。



相手の立場に立って


「相手の立場を自分に置き換えて、自分だったらどう思うか」

と考えるのは、世の中を渡って行く上で基本だと思います。



一番好きな映画 「ゴット・ファーザー」

マフィアの権力闘争の中に、様々なメタファーを伏せ持つ世紀の傑作。

 
Godfather2


名作と言われる所以は、偽善に満ちた中で「 人間とはどういうものなのか 」が描かれている点でしょう。


その中で、コルレオーネ・ファミリーを継いだ、マイケルが、父ヴィトから教えられたという教訓は、

「パパが言ってた・・・相手の立場に立って物事を考えてみろと・・・」

でした。









●読者の立場に立って

ブ口グの記事を参考にして、遊びに出かける読者の立場だったらとは当然考えます。

趣味でやってるとは言え、多くの人が訪れるようになれば、その責任が自然と発生するような気がしてます。

読者を騙したりするのは論外でお話にならないでしょう。





そして、もう一歩踏み込んで考えます。


・店の立場に立って


私自身の経歴(※参照)も大きく影響していると思いますが、

「もし自分がその風俗店の経営者だったら」という視点でも考えます。


一生懸命に誠実に経営してるお店(+女の子)に関しては、足りない所はアドバイスもしてあげたいし応援してあげようと思います。




敵を減らす重要性


トップ(総理)を目指すのに重要なのは、

「 味方を増やす事じゃない、敵を減らす事だ!」

と言ったのは 田中角栄 元総理ですが、



その真意は、世の中は、「 あの野郎! ブッ潰してやる!!」

という、敵を恨むパワーが一番強いって事です。






まあ、別にトップを目指してる訳でも何でも無いですが、

(何を持ってトップかの定義も無いですが)


もし、私が店の経営者で、ブ口グ情報で大打撃を喰らおうものなら、相応の手段を考えると思います。





今後も継続して行いけば、それなりに対策してますので、読者数はまだまだ増えて行くでしょう。

そうなると影響もより大きくなり、

何のルールを作らずに継続していければ、

悪気が無くとも気づかぬうちに敵を増やしていく可能性があります。

やはり、その危険性は最小化して行く事が必要でしょう。







このブ口グでのWin Winを考える


以上の基本的な考え方を踏まえて上で、


・読者(情報交換者 or 協力者)

・読者(その他)

・お店(悪徳店は除く)

・業界全体

・その他関係者

・サイト管理人:ローンイマイ


全部がプラスになるような、落し所で運営する方法を考えていきます。



その具体的な方法は、また今度。


⇒ 1年の総括終わり につづく