「投資」 の話ですので、興味無い方は読み飛ばしてください。

「投資」 して儲けて、デリ通いを強固にしたい方は、目を通して下さい。



追加緩和 決定


今日10/31 日銀 黒田総裁が  追加緩和をする事を発表しました。

さあ、待ってました!!

円安、株高!! 黒田総裁頑張れ! さあ、輸出関連株が上がるぞぉ~!!


31_0_儲かる

#ちなみに、金融緩和は、まずは株式市場にすぐに影響し、実体経済に波及するまで2年近くかかります。
逆に、停滞期も株式市場はすぐに下がりますが、実体経済が悪くなるのにも2年近くかかります。
バブル崩壊後も、株式はすぐに下がったのに、当面景気が良かったのはそういう事です。



去年4月4日の、「バズーカ砲」での金融緩和では、私の友達連中は、1週間近く会社休んで、朝から晩まで、ウン千万円 単位(信用取引を使う) で一気に投資して、全員大儲けしてました。


私はその時、仕事の忙しさがピークで、朝から晩まで仕事で、土日すら休む事もできずに、投資する時間が少ししか取れずに、たいした利益を上げられずにホント悔しい思いをしました。


金融緩和でなぜ儲かるか

なぜ、デフレ下での、金融緩和は、儲かるかは、下記の本を読むと良く分かります。

金融緩和はインフレ時では、物価が上がり過ぎるので問題ですが、現在はまだデフレを脱しきれてないので、十分にやっていいんです。



投資をする人は、下記の知識を持ってるかどうかだけで、天地の差があると思います。
株をやらない人でも、日本の実態を理解する上で、是非読んで欲しい。



「さらば財務省」 高橋 洋一   (著) 
31_1_さらば財務省

超名著です。日本人全員に読んで欲しい本。凄く面白いです。

高橋 洋一さんは、財務官僚でありながら、財務省と対立した人ですが、理系出身で、全部計算式で数字の裏付けが全てあった上で経済も語りますから良く理解できます。
今の安倍政権になってから、一気に円安・株高になった理由も全部分かります。



「日銀につぶされた日本経済」 山本 幸三   (著) 
 31_2_日銀につぶされた日本経済

この15年のデフレで、日本経済がボロボロになった理由が分かります。

山本幸三さんは、政治家で、アベノミクスの理論を考えたうちの一人です。応援してます。

「アベノミクス」は、実は小渕元総理が金融政策・財政政策を同時に推し進めてやっていたので、そのコピーなので、本当は「オブチノミクス」なんだけどね。。

小渕さんが急逝せずに、長く総理を続けてたら、今の日本の経済状況は随分と変わってたろうに。。



ちなみに、ノーベル経済学賞を取った理論で、「 マンデルフレミングモデル 」は、「 変動相場制の下では、財政政策よりも、金融政策 の方が効果が大きい 」 って理論なんだけど、固定相場制時代の 1ドル 360 円 の頃に 公共投資( 財政政策 ) が、物凄く経済効果が大きかったので、 変動相場制に変わった後の、公共投資の効果が小さいにも関わらずに、 金融政策( 金融緩和 ) をせずに、財政政策ばっかりやったので、景気も良くならずに国の借金ばっかり増えてしまったんですね。 (このあたりは、当時財務大臣だった、経済通の 宮澤元総理も、理解しきれてなかったそうです。)

変動相場制の下では、金融政策 は単独でも効果があるけど、 財政政策は、金融政策とセットでやって初めて大きな効果 がでるんですね。

一方、固定相場制の下では財政政策の効果が大きくて、金融政策の効果は小さいんですね。

いずれも、今は その事を安倍総理は良く理解してます。




「日本銀行 デフレの番人」 岩田 規久男 (著)
31_3_日本銀行 デフレの番人

名著です。岩田規久男さんは、現在、日銀副総裁 に選ばれましたが、この人の理論は正しいとずっと思っておりました。

20年前から日銀の政策を批判してた人です。

デフレでは、経済が成長できない事がこの本で理論的に分かります。



世界の著名な経済学者は上記理論と同じ事を皆、言っております。
(ノーベル経済学賞受賞のポール・クルーグマン、前FRB議長ベン・バーナンキなどなど。)
31_4_ポールクルーグマン31_5_バーナンキ


金融緩和で、日本は破綻するとかバカな事を言ってる連中は、世界標準から いかにズレてるか認識してほしい。


黒田さんが日銀総裁になってから、過去の日銀とは真逆の正しい方向に進み始めましたね。

速水優、白川方明 元日銀総裁。君らは日本経済をボロボロにし、経済苦による自殺者を大勢増やした張本人だ!国民に詫びよ!




あと、デフレ脱却してない、この時期での消費増税は絶対反対。

今、消費増税が必要だと言ってる連中は、政治家、評論家 学者など、財務省に尻の毛まで抜かれた連中か、または、マクロ経済が理解できないバカな連中です。


消費増税しても、「税収」 が増えなきゃ 意味がないんだよ!


3%から5% に消費増税した時は、結局、経済が落ち込み、デフレ化して、かえって「税収」が落ちてるんだよ!!


小泉・竹中 時代は、増税なんかしてなくても、もう一歩で、プライマリーバランス(税収-支出)がゼロになるところだったのは、経済成長してたからなんだよ。


十分に経済が過熱してから、消費増税はすれば良いんだよ!


自転車の二人乗りは、十分に速度が上がってから、二人乗りした方が良いんだよ!




アメリカ ルー財務長官、 ニューヨーク・タイムズ(アメリカ)、 フィナンシャル・タイムズ(イギリス) どこも、日本が今、消費増税するのは反対だって言ってるのに、 産経新聞 以外、どこも報じないじゃないか!!


ポール・クルーグマン なんか、今 日本は増税したら、日本経済は破綻するとまで言ってるんだぜ!


今景気が落ち込み始めたのは、4月に消費増税したのが全部原因で、天候不順で景気低迷 なんて大ウソ!だよ。
31_GDP伸び率





財務省の主計局が、消費税を上げたい理由は、 「 歳出権 」 と言って 「 税率」 に応じて 支出 がきまる予算編成上の慣行があるから、お金を割り振る権限が増えるから上げたいだけなんだよ。


要は、消費増税は、 「 財政再建 」 のためでなく 「 歳出権の拡大 」 の為で、日本全体が潤う事よりも、財務省の権限拡大 の方が重要なんですよ。


財務官僚 になった、高校時代の友達に、飲みに言った際に、この事を話した時も  口を濁しながらも 「 その通りかもなって。。 」 って認めてました。

「昔の慣行を破る事は、古い体質の役人では中々できないものだ」 とも言ってました。

31_6_怒りの消費税



新聞社に勤める知り合いを散々酔わせた上で、「こういう事をちゃんと新聞で書けよ!」と伝えたところ、

知人:「新聞に記載する情報は、役所からもらってる情報が多いから、役所の意向に反する事(=消費増税の反対)は書き難いものなんだよ。」

知人:「役所に出入り禁止になったら、情報が得られず、記事を書けないよ。」

私 :「正しい事を書く事ができないんだったら、ジャーナリストなんぞ辞めちまえ!」


31_7_記者クラブ制度

あと、「 記者クラブ制度 」 なんぞ廃止にしちまえ!!



・・・・ 興奮し過ぎたので、少し冷静になって。。 ・・・・・




少々言葉汚くなりましたが、日本の経済が良くなり、皆の収入が増えて、デリ通いの頻度が高まる事を節に願います。



投資の事を中心に書こうと思ったのに、書いてるうちに段々と話がズレてきて、消費増税反対とか。。怒りの方が大きくなって、結局投資の事を殆ど記載できませんでした。



もし、投資に興味がある人は、もっとそういう記事を載せて欲しいなど ご要望下さい。興味がある人がいるようでしたら記載しようかと思います。

もちろん、無関係な情報は載せるな!というご意見があれば下さい。




モーニングで連載している 「インベスターZ」は投資の漫画ですが、凄く良く出来ていて面白いですよ。
31_6_インベスターZ